講演・研究発表・国際セミナー・シンポジウム

124・「サーモグラフィーからみる夏における温熱環境の研究-伝統民家及び現代風建物の測定-」日本民俗建築学会48 回大会、日本出版倶楽部(東京都千代田区) リモート併用開催、2021 年5 月29 日
1・「韓国伝統集落の空間構成の要素」日本民俗建築学会 47 回大会、江戸東京博物館、2020 年 7 月 12 日
2・「蓄熱床による冷房効果の研究」日本建築学会大会学術講演、千葉大学 2019 年 9 月中止(発表を認める)
3・「ソウル清渓川再生プロジェクト」武蔵野美術大学建築学科 lecture、2019 年 4 月 18 日
4・「東京セミナー 東京都市再生および複合開発」韓国漢陽大学校不動産融合大学院、創造都市 不動産融合最高位過程 lecture、東京、2019 年 6 月 6,7 日
5・「夏におけるアクアレイヤーによる冷房効果の研究」日本民俗建築学会 46 回大会、武庫川女 子大学、2019 年 6 月 8 日
6・「豪雪地帯における雪下ろしの研究」日本建築学会大会学術講演(北陸)、石川・金沢工業大 学、2019 年 9 月 6 日
7・「韓国における伝統集落と民家」協同組合伝統技法研究会、2018 年 2 月 9 日
8・「東京の LID( Low Impact Development)と GI(Green Infrastructure)」韓国釜山国立大学 交流学術セミナー、法政大学デザイン工学部田町校舎、2018 年 2 月 26 日
9・「アルミ屋根の放熱効果による雪下ろしの研究」日本民俗建築学会第 45 回大会、鹿児島大学、 2018 年 6 月 9 日
10・「アクアレイヤーの床暖房システムによる温熱環境改善の研究」日本建築学会大会学術講演、 東北大学、2018 年 9 月 6 日
11・「ソウル清渓川再生」日本国家公務員研修所講義 lecture 、2018 年 9 月 14 日
12・朴賛弼・寺門征男・大平茂男「1970 年代韓国の農村集落と民家」日本民俗建築学会研究会、 法政大学田町校舎、2018 年 9 月 29 日 10
13・「ソウル清渓川の歴史 2」公益社団法人中央日韓協会、日韓文化講座、韓国文化院(四谷)、 2018 年 10 月 18 日
14・「清渓川の歴史 1」公益社団法人中央日韓協会、韓国文化院(四谷)、2017 年 12 月 21 日
15・「東京における江戸時代と近代の GI(Green Infrastructure)-玉川上水と多摩湖上水の事 例-」釜山国立大学−LID seminar、2017 年 10 月 21 日
16・「沖縄と済州島における伝統民家の内部空間構成の比較研究」日本建築学会大会学術講演、 広島工業大学、2017 年 9 月 1 日
17・「新床暖房材による温熱環境改善と遮音効果の研究-アクアレイヤーの実験-」日本民俗建築 学会第 44 回大会、京都大学、2017 年 6 月 3 日
18・「沖縄における伝統民家と LID( Low Impact Development)建築」韓国国釜山大学交流学術 セミナー、法政大学 BT タワー6F、G 会議室、2017 年 2 月 17 日
19・「沖縄と韓国済州島における伝統集落および民家の空間構成」2016年度 法政大学沖縄文 化研究所総合講座「沖縄を考える」、法政大学市ヶ谷キャンパス 外濠校舎 さったホール、2016 年 5 月 13 日
20・「韓国における集合住宅の変遷過程」日本民俗建築学会第 43 回大会、鳥取県米子市、2016 年 5 月 28 日
21・「沖縄と済州島における伝統民家の外部空間構成の比較研究」日本建築学会大会学術講演、 福岡大学、2016 年 8 月 24 日
22・「漢江再生-エコシティへの潮流-」中央日韓協会文化講座、公益社団法人中央日韓協会主催、 2016 年 12 月 15 日
23・「日本の歴史的建物や街並みの保存と活用」韓国漢陽大学工科大学建築学部東アジア建築歴 史研究室国際交流学術セミナー、 同時通訳、日本からは大平茂男氏(日本民俗建築学会理事)が講師として参加、2016 年 3 月 4 日
24・朴賛弼、出口清孝「冬における韓国伝統住居の温熱環境実験-オンドルとマルの比較-」大韓 建築学会秋季大会講演、韓国釜山 BEXCO、2016 年 10 月 5 日
25・朴賛弼、出口清孝「夏における韓国伝統住居の温熱環境実験-オンドルとマルの比較-」大韓 建築学会秋季大会講演、ソウルKホテル、2015 年 10 月 29 日
26・陣内秀信、朴賛弼「水と歴史都市」国際シンポジウム同時通訳、日本からは陣内秀信教授が パネリストとして参加、韓国水原市、2015 年 10 月 23 日
27・「東京における都市再生と複合施設ビル」韓国漢陽大学最高経営者不動産学科東京特別授業、 2015 年 7 月 10 日〜12 日 11
28・「よみがえる漢江-歴史と文化と現在-」中央日韓協会文化講座、公益社団法人中央日韓協会 主催、2015 年 10 月 15 日
29・「 A study about the Han River Restoration of Seoul Part2. Historical and environmental revival 」日本建築学会大会学術講演、東海大学、2015 年 9 月 4 日
30・「韓国伝統住居と集合住宅(アパート)との葛藤」中央日韓協会文化講座、公益社団法人中 央日韓協会主催、2015 年 6 月 20 日
31・「老人ホーム親環境デザインの戦略と事例」韓国コンヤン大学校医科大学特別講義、コンヤ ン大学校メディカルキャンパス本部棟、2015 年 5 月 29 日
32・「韓国伝統住宅の内部空間構成に関する研究-上流・庶民住宅の比較-」日本民俗建築学会第 42 回大会、多摩美術大学 2015 年 5 月 16 日
33・「 Ceonggyechon Restoration 」 The7th 2015World Water Forum Daegu,Rep.of Korea,14,April,2015 34・「日本と韓国における村落と歴史と景観-韓国の伝統集落における空間構成-」東北大学東北 アジア研究センター平成 26 年度公募型共同研究研究会、 一橋大学、2015 年 2 月 19 日
35・「ソウル清渓川と東京日本橋川等の再生.-都市再生と市民生活に関する日韓文化交流シンポ ジウム -」ソウル清渓川文化館、2014 年 10 月 31 日
36・「A study about the Han River Restoration of Seoul-- Part1. The history and culture- -」日本建築学会大会学術講演梗概集、都市計画、神戸大学、2014 年 9 月 12 日
37・「韓国伝統住居の構造に関する研究-上流・中流・庶民住居の比較-」、日本民俗建築学会大会、 宮崎市民プラザ、2014 年 5 月 17 日
38・「韓国の住まいの源流」中央日韓協会文化講座、公益社団法人中央日韓協会主催、2013 年 12 月 21 日 39・「Cheonggyechon Restoration.- Historical and environmental revival -」Hochiminh City University of Technology, Vietnam, 31,October,2013
40・「沖縄の RC 造屋根の温熱環境に関する研究-その 2 新屋根素材炭酸カルシウムの実験-」日本 建築学会大会学術講演梗概集 D-2 環境工学U、北海道大学、pp.79〜80、2013 年 8 月
41・「蒸暑地域沖縄における RC 造屋根の温熱環境に関する研究-その 2 金属屋根の通気層による 温熱環境改善実験-」、日本民俗建築学会大会、福山大学、2012 年 5 月 18 日
42・「ソウル清渓川再生」講演会、駐大阪韓国文化院、2013 年 3 月 13 日
43・「風土と暮らし」総評、関西大学東西学術研究所研究例会、2013 年 1 月 21 日
44・「歴史実体としての周縁-北海道・内と外からの視点-」コメント、東亜細亜沿海研公開シン12 ポジウム、札幌大学、2012 年 11 月 4 日
45・「蒸暑地域沖縄における屋根の日射遮熱による温熱環境に関する研究-その 1 日射量による 金属屋根の比較実験-」日本建築学会大会学術講演梗概集 D-2 環境工学U、pp.241〜242、2012 年 9 月
46・「ソウル清渓川再生」、清渓川写真・図面展覧会同時開催セミナー、韓国大使館 1F韓国文化 院ギャラリーMI、7 月 28 日
47・「ソウル清渓川再生-清渓川の地域と文化-」 法匠展ギャラリートーク 6 月 16 日
48・「蒸暑地域沖縄における RC 造屋根の温熱環境に関する研究-その 1 日射遮熱屋根の比較実験 -」、日本民俗建築学会平成 24 年度大会、宮城大学、2012 年 5 月 19 日
49・「伝統建築を継承する現代風の暮らし-オンドルとマル-」パネリスト、ソウル国際シンポジ ウム、ソウル、漢陽大学、2012 年 3 月 16 日
50・「伝統建築を継承する現代風の暮らし-オンドルとマル-」ソウル国際シンポジウム「伝統建 築を生かした景観と暮らし」韓国漢陽大学主催、日本民俗建築学会後援、漢陽大学博物館セミナ ー室、2012 年 3 月
51・第 17 回社会工学セミナー「ソウル清渓川再生の環境復元」法政大学デザイン工学部都市環 境デザイン工学科主催、2011 年 12 月 7 日、法政大学デザイン工学部市ヶ谷田町校舎・5 階マル チメディア教室 52・「沖縄と済州島における集住空間構成の比較」日韓共同シンポジウム「交流からみた朝鮮と 日本の風土と暮らし-すまい・景観・経済-」東アジア沿海科研・大韓建築学会済州支会・ 関西 大学東西学術研究所共催、2011 年 11 月 4 日、韓国済州島 済州道立美術館講堂
53・「放射能とすまい-閉ざされた空間では健康な暮らしはできない-」埼玉塾、さいたま市民ネ ット、大宮を守る市民の会講演会、2011 年 10 月 15 日(土)、JACK 大宮
54・朴賛弼、出口清孝、野中淳史「蒸暑地域沖縄における RC 造屋根の日射遮熱による温熱環境 に関する研究 その 2 遮蔽材の実験による比較分析」日本建築学会大会論文発表、2011 年 8 月 23 日〜25 日早稲田大学
55・野中淳史、出口清孝、朴賛弼「蒸暑地域沖縄における RC 造屋根の日射遮熱による温熱環境 に関する研究 その 3 日射量による遮蔽材の比較分析」日本建築学会大会論文発表、2011 年 8 月 23 日〜25 日早稲田大学
56・阿久津栄将、出口清孝、朴賛弼「実測とCFD解析による韓国伝統住居オンドルの温熱環境 調査」日本建築学会大会論文発表、2011 年 8 月 23 日〜25 日早稲田大学
57・「伝統的民俗建築を継承する現代風の暮らし その 4 沖縄の暮らし」日本民俗建築学会大会13 論文発表、愛知淑徳大学、2011 年 5 月
58・「住まいの環境をデザインする-風土から建築・都市へ-」浦安まちづくり講演会、浦安文化 会館、2011 年 3 月
59・「古代環境工学からみた伝統集住空間構成 -韓国の民俗建築を継承する暮らし-」関西大学 東西学術研究所例会発表、2010 年 11 月 60・「エコの住まいを考える-伝統民家の知恵から学ぶ環境デザイン-」東京工学院専門学校特別 講座、2010 年 11 月
61・「夏と冬に調和した民俗建築を継承する暮らし」日本民俗建築学会 60 周年記念シンポジウム パネリスト、2010 年 10 月
62・「蒸暑地域沖縄における RC 造屋根の日射遮熱による温熱環境に関する研究 その 1 遮蔽材 の実験による比較分析」日本建築学会大会学術講演梗概集 D-2 環境工学U.富山大学 2010 年 9 月
63・UIFA JAPON 第 50 回海外交流会記念講演「環境をデザインする」2010 年 9 月 18 日(土)法 政大学市ヶ谷校舎ボアソナード・タワー25F「B 会議室」
64・朴賛弼、出口清孝「沖縄における温熱環境の比較実験」沖縄建築士会講演会、那覇市、2010 年 6 月 30 日
65・「沖縄における伝統民家と温熱環境」法政大学建築学科同窓会法匠ミニセミナーその 2、法 政大学デザイン工学部、2010 年 6 月
66・朴賛弼、出口清孝「伝統的民俗建築を継承する現代風の暮らし-その 3 現代風伝統家屋に おける暖房方式オンドルの実測調査-」、日本民俗建築学会平成 22 年度大会(第 37 回北海道大 会)、北海道大学、2010 年 5 月
67・「済州島における伝統的集住空間構成について」関西大学東西学術研究所例会発表、2010 年 4 月
68・法匠ミニセミナー、「民家は暮らしの博物館」、法政大学建築学科同窓会、2009 年 11 月
69・「エコの住まいを考える-沖縄の温熱環境改善に関する実験-」東京工学院専門学校特別講座、 2009 年 11 月
70・「ソウル再生における都市構造の空間構成に関する研究-その 2 清渓川復元による聴覚的評 価分析」日本建築学会大会学術講演梗概集 E-2 建築計画T、pp.、2009 年 8 月
71・朴賛弼、出口清孝「伝統的民俗建築を継承する現代風の暮らし-その 2 良洞集落における 伝統民家の温熱・風環境実測調査-」、日本民俗建築学会平成 21 年度大会(第 36 回茨城大会)、つくば市カピオホール、2009 年 5 月 14
72・「韓国水辺における都市構造の空間構成の研究」法政大学大学院エコ地域デザイン研究所総 括報告会、2008 年 12 月
73・"The eco environment space in Korea and Japan"「part1. The Present Conditions A fter the Seoul Cheong Gye Chon River Restoration ,Kaywon School of Art and Design Korea, November 24(Mon),2008
74・Evaluation from a point of View Sight・Hearing・Mind part2.Study on Improvenment of Thermal Environment by Green Roof System on RC Building In Okinawa」,Invitation to the Korea-Japan International Seminar(講演), Kaywon School of Art and Design Korea, November 24(Mon),2008
75・「都市環境を考える-エコの住まい-」東京工学院専門学校特別講座、2008 年 10
76・「ソウル再生における都市構造の空間構成に関する研究-その 1 清渓川復元による視覚的評 価分析」日本建築学会大会学術講演梗概集 E-2 建築計画T、pp.1109〜1110、2008 年 9 月
77・「伝統的民俗建築を継承する現代風の暮らし-その 1 ソウル北村の事例-」、日本民俗建築学 会平成 20 年度大会(第 35 回関西大会)、関西大学、2008 年 5 月
78・「ソウル清渓川復元前後の評価分析 -視覚・聴覚・精神的観点から-」法政大学大学院エコ地 域デザイン研究所 2007 年度報告会、2008 年 2 月
79・「エコ空間の改善-沖縄の温熱環境に関する実験-」東京工学院専門学校特別講座 1、2007 年 11 月
80・「都市環境を考える-エコ都市・ソウルの清渓川再生-」東京工学院専門学校特別講座 2、2007 年 11 月 81・朴賛弼、出口清孝、永瀬克己「日射遮蔽による RC 造住宅の温熱環境改善に関する研究-その 4 勾配屋根に遮蔽ブロック及び瓦を載せた散水実験-」日本建築学会大会学術講演梗概集 E-2 建 築計画U、pp.301〜302、2007 年 8 月
82・朴賛弼、古川修文「歴史都市漢陽・ソウルの都市形成の基礎的研究、その 6 清渓川再生によ る 都市空間構成について-」、日本民俗建築学会平成 19 年度大会(第 34 回静岡大会)、2007 年 5 月
83・「地球温暖化のおはなし-韓国ソウルの清渓川再生-」東京都武蔵野市千川小学校講演会、2007 年 3 月 84・"Eco-Environmental Space In Folk Houses"「The eco-environment green space in folk houses and Japanese green roof」,Invitation to the Korea-Japan International Symposium,Department of Architecture,Daejeon University Korea,Mar15(Thu),200 15
85・朴賛弼、古川修文「日射遮蔽によるRC造住宅の温熱環境改善に関する研究-屋上緑化と遮 蔽ブロックの効果-」沖縄建築士会北部支部、2006 年 11 月
86・朴賛弼、古川修文、出口清孝、永瀬克己「日射遮蔽による RC 造住宅の温熱環境改善に関す る研究-その 3 日射遮蔽ブロックの配置の違いと瓦を載せた実験-」日本建築学会大会学術講演 梗概集 E-2 建築計画U、pp.441〜442、2006 年 9 月
87・朴賛弼、古川修文「歴史都市漢陽・ソウルの都市形成の基礎的研究-その 5 復元後の清渓 川の都市空間構成 -」日本民俗建築学会平成 18 年度大会(第 33 回遠野大会)、2006 年 5 月
88・「伝統的集落の保存活用と観光の接点-日本・知覧町と韓国・慶州良洞集落の実態を通して-」 日韓合同済州島国際シンポジウム「東亜細亜伝統民家の再照明」大韓建築学会、日本民俗建築学 会、パネリスト・同時通訳・実行委員、済州市済州 KAL ホテル、2006 年 3 月
89・朴賛弼、古川修文、出口清孝、永瀬克己、升田直仁「沖縄における RC 造住宅の温熱環境改 善に関する研究 その 1 日射遮蔽ブロヅクの空気層の厚みによる温熱効果について」、日本建築 学会大会学術講演梗概集 E-2 建築計画U、PP.77〜78(2005 年 9 月)
90・升田直仁、古川修文、出口清孝、永瀬克己、朴賛弼「沖縄における RC 造住宅の温熱環境改 善に関する研究 その 2 日射遮蔽ブロックに土を載せた場合の温熱改善効果」、日本建築学会大 会学術講演梗概集 E-2 建築計画U、pp.79〜80(2005 年 9 月)
91・朴賛弼、古川修文「歴史都市漢陽・ソウノレの都市形成の基礎的研究 その 4 清渓川流域に おける都市空間構成の変遷過程」、日本民俗建築学会大会研究発表梗概集(2005 年 5 月)
92・"A Comparative Study on Jeju Private House and Okinawa Private House", Invitation to the Korea-Japan International Symposium, The direction of Jeju private houses in the 21stcentury,Organized by Jeju Branch Architectural Institute of Korea, JBAIK, Jeju City Hall (March30-31,2005)
93・「すまいに見る韓国・朝鮮の造形文化」、フォーラム「おとなり拝見」、武蔵野美術大学交友 会埼玉支部局、ムサビ埼玉 2005、埼玉県立近代美術館(2005 年 3 月)
94・朴賛弼、古川修文、出口清孝、永瀬克己、加賀美長史「沖縄における RC 造住宅の温熱環境 改善に関する研究-その 5 遮蔽ブロックと芝生を植えたブロックの温熱改善効果について-」、日 本建築学会大会学術講演梗概集 E-2 建築計画U、pp.499〜500、2004 年 8 月
95・加賀美長史、古川修文、出口清孝、永瀬克己、朴賛弼「沖縄における RC 造住宅の温熱環境 改善に関する研究-その 6 日射遮蔽ブロックの足の長さによる温熱効果の影響について-」、日本 建築学会大会学術講演梗概集 E-2 建築計画U、pp.501〜502、2004 年 8 月
96・「ソウル清渓川の再生」、法政大学大学院エコ地域デザイン研究所、歴史プロジェクト第 1 回16 研究会、2004 年 6 月朴賛弼「ソウル清渓川の再生」、法政大学大学院エコ地域デザイン研究所、 歴史プロジェクト第 1 回研究会、2004 年 6 月
97・朴賛弼、古川修文、小笠原宏征「歴史都市漢陽・ソウルの都市形成の基礎的研究-その 3 滅 失、再生された景福宮寝殿の考察 -」、日本民俗建築学会大会研究発表梗概集、2004 年 5 月
98・「沖縄における RC 造住宅の温熱環境改善に関する研究-その 2 屋上緑化と併用した遮蔽ブロ ックの効果(2)-」、沖縄建築士会、那覇支部、2003 年 10 月
99・朴賛弼、古川修文、出口清孝、永瀬克己「沖縄における RC 造住宅の温熱環境改善に関する 研究-その 3 学校建築(新城小学校)における日射遮蔽の実験-」、日本建築学会大会学術講演 梗概集 E-2 建築計画U、pp.101〜102、2003 年 9 月
100・古川修文、朴賛弼、出口清孝、永瀬克己「沖縄における RC 造住宅の温熱環境改善に関する 研究-その 4 ブロックと芝生を併用した日射遮蔽の実験-」、日本建築学会大会学術講演梗概集 E-2 建築計画U、pp.103〜104、2003 年 9 月
101・朴賛弼、古川修文、山田水城「歴史都市漢陽・ソウルの都市形成の基礎的研究-その 2 宮 殿を中心に変容する都市の形成過程-」、日本民俗建築学会大会研究発表梗概集、pp.19〜20、2003 年 5 月
102・古川修文、高野菜緒、朴賛弼「民家における特殊用語の研究」、日本民俗建築学会大会研究 発表梗概集、pp.11〜12、2003 年 5 月
103・「沖縄における RC 造住宅の温熱環境改善に関する研究-その 1 遮蔽ブロックの効果(2)-」、 沖縄建築士会、那覇支部、2003 年 1 月
104・PARK Chanpil,FURUKAWA Nobuhisa“The present status and problems in Japanese greenroof”,International Symposium on Greenroof in Korea,Japan and North America,Seoul Metropolitan Goverment Korea and Korean Association for Ecological Greenspace on Artificial Ground,Seoul City Hall,Korea,Dec12,2003
105・FURUKAWA Nobuhisa,PARK Chanpil,“Studies on improvement of thermal environment RC construction by solar insulating block”,International Symposium on Greenroof in Korea,Japan and North America, Seoul Metropolitan Goverment Korea and Korean Association for Ecological Greenspace on Artificial Ground,Seoul City Hall,Korea,Dec12,2003
106・PARK Chanpil,FURUKAWA Nobuhisa,YAMADA Mizuki“Studies on improvement of thermal environment RC construction in Okinawa -Comparison with solar insulating roof and thermal insulation-”,ROK-Japan International Seminar on Rooftop Revegetation 17 Technology for Restoration of Urban Ecological Environment,The Korea Society for Environment Restoration and Revegetation Technology,Seoul National University,Korea,Mar28,2003
107・「風水思想で考える街づくり、 第 4 講座 風水思想と韓国の集落 第 5 講座 風水思想で 考える街づくり」、八戸工業大学創立 30 周年記念建築工学科公開講座、2002 年 10 月
108・(公開審査員) 朴賛弼、坂本磐雄、和田利治、小野晴治、古戸睦子「八戸街づくりコンク ール、新幹線時代の街づくり私の住みたい街」、八戸工業大学創立 30 周年記念建築工学科公開講 座、2002 年 10 月
109・朴賛弼、古川修文、出口清孝、永瀬克己、山田水城「沖縄における RC 造住宅の温熱環境改 善に関する 研究 その 2 遮蔽屋根と断熱材の効果の比較」、2002 年度(北陸)日本建築学 会大会、『学術講演梗概集 E-2 建築計画U』、pp.153〜154、2002 年 8 月
110・朴賛弼、古川修文、山田水城「歴史都市漢陽・ソウルの都市形成の基礎的研究 その 1 都 市空間の形成過程についての考察」、平成 14 年度(埼玉)日本民俗建築学会大会研究発表会、pp.1 〜2、2002 年 5 月
111・古川修文、朴賛弼、出口清孝、永瀬克己、山田水城「置き屋根の構法を RC 造住宅の温熱環 境改善に応 用する研究 沖縄の景観を緑と赤瓦風寄せ棟屋根に戻すために」、平成 14 年度 (埼玉)日本民俗建築学会大会研究発表会、pp.13〜14、2002 年 5 月
112・古川修文、河原祐三、朴賛弼、山田水城「集落の減失と再生に関する研究―3.地域の集落 移転に見る間取りの変遷について―」日本建築学会大会学術講演梗概集建築計画 E‐2、pp.151 〜152、日本建築学会、2001 年 9 月
113・「風水からみた沖縄の集落と民家 」Chosun University、日・韓シンポジウム、2001 年 9
114・Yoichi Nakajima, Naoki Miyatake, Syuzo Matuda, Fumiaki Tajima, Tetsuhisa Oda, Park Chanpil「On the practice of Kansei sensitivity evaluation in school education 」2nd International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS)、2001 年 8 月
115・朴賛弼、古川修文、山田水城「風水思想からみた集落の形局に関する、研究東支那海東域 の集落を中心に 」日本民俗建築学会千葉大会研究発表会、1998 年 5 月
116・朴賛弼、古川修文、山田水城「風水思想からみた集落の形局に関する研究―東支那海東域 の集落を中心に―」日本建築学会大会学術講演梗概集建築計画 E‐2、pp.13〜14、1997 年 9 月
117・朴賛弼、古川修文、山田水城「風水思想からみた知覧町武家屋敷の空間構成の考察」日本 民俗建築学会千葉大会研究発表会、1997 年 5 月
118・朴賛弼、古川修文、山田水城「台湾の集住空間構成に於ける風水思想の環境要素に関する18 研究―旗山、美濃、南甫、北甫集落を中心に― 」日本建築学会大会学術講演梗概集建築計画 E‐ 2、1996 年 9 月
119・(市民講座)「風水と集落・民家 」川崎市日本民家園 、1996 年 6 月
120・朴賛弼、古川修文、山田水城「台湾の集住空間構成に於ける風水思想の環境要素に関する 研究 」日本民俗建築学会大会研究発表会、1996 年 5 月 121・「風水と集落・民家 」」日本民俗建築学会第 16 回研究会 、1995 年 7 月 122・朴賛弼、古川修文、山田水城「風水思想からみた韓国楽安邑城の空間構成に関する研究 」 日本建築学会大会学術講演梗概集建築計画 E‐2、1995 年 8 月
123・朴賛弼、古川修文、山田水城「風水思想からみた韓国楽安邑城の空間構成に関する研究 」 日本民俗建築学会大会研究発表会、1995 年 5 月